これで起業も安心!会社設立代行会社について費用からサービスの違いまですべて解説!

>

会社設立代行会社に依頼した場合、代行してくれる範疇は?

指定の行差が請け負う業務の範囲

会社設立の代行会社にも各種あり、書類作成のみを代行して手続きは自身で行う会社から、依頼すればほぼすべての手続きを代行してくれる会社まであります。
どこまで代行してくれるかは、代行の手数料や、その会社に税理士、司法書士、行政書士などが所属しているかで決まります。
司法書士は登記業務が専門であり、会社設立のほぼ全般を任せることができます。
また会社設立後、顧問を依頼することで、その後の会社の事業変更や移転での住所変更など、多くの手続きも一任できます。

飲食業、介護事業、古物商、運送業、建設業など、許認可が必要になる業種会社を設立する場合、行政書類の作成と許認可が専門である行政書士に依頼すれば、許認可の申請も代行してもらえます。
税理士であれば、設立後の顧問契約を前提に、割安で会社設立のサポートを受けられる他、税務などに関するアドバイスも受けられます。

こうした業者に依頼する利点とは?

こういったサービスを利用するとどんな恩恵が得られるのでしょう。会社にもよりますが、書類作成から作業全般まで、設立にかかる準備の多くを任せられ、労力を節約できること。
それぞれの専門事項に関し、さまざまなアドバイスやサポートを受けられることです。

特に煩瑣な書類作成について、不足がないようアドバイスを受けられるのは初心者にとても安心できるところです。
また珍しい例ですが、社会保険労務士に会社代行を依頼すれば、社会保険や労務管理についてのアドバイスも受けられます。

電子定款に対応する代行会社では、作成に必要な機器やソフトなどを完備しており、定款印紙代の4万円を節約できるため、会社への支払いが生じても、自身で進める場合と大差ない費用か、むしろ割安で専門家のアドバイスを受けることができます。


この記事をシェアする