これで起業も安心!会社設立代行会社について費用からサービスの違いまですべて解説!

>

起業の強い味方!会社設立代行会社の費用から種類まで徹底解説!

個人で会社設立手続きを行う手間と費用

会社設立代行会社に依頼するメリットを説明する前に、まず自分自身で会社を設立する場合、どのよう手間と費用が必要になるかを確認します。
まず株式会社の設立にかかる費用は、定款印紙代4万円、公証人認証手数料5万円、謄本交付手数料が、250円×定款のページ数により、およそ2000円程度、登録免許税が最低で15万円(もしく資本金の0.7%)と、最低でもおよそ24万円少し必要になります。
合同会社の場合は定款印紙代4万円、謄本交付手数料が2000円程度、登録免許税が最低で6万円です。

設立の準備としては発起人の決定、事業計画の立案と資金の準備、定款の元となる基本的事項の決定、実印の作成があります。
準備ができたら公証役場で定款の作成と認証をしてもらいます。
定款印紙代はここで必要になります。その後、
出資金の払い込み、登記書類の作成と法務局への登記申請で、会社の設立は完了します。

個人で会社設立手続きを行う注意点

会社設立の代行会社に依頼せず、自身で会社を設立する場合の注意すべき点は、まず基本的事項と定款の作成です。
この定款とは会社の根本的なルールであり、会社の運営や従業員の雇用、トラブルの対応など、あらゆる面での基準になります。

そのため定款はさまざまな場面を想定して不足のないよう製作しなくてはなりませんが、はじめて製作する場合、何かと難しいものがあります。

なお定款の作成については、現在では電子定款での認証ができるようになり、その場合、印紙代の4万円は不要です。
ただ電子定款作成にはマイナンバーカードやICカードリーダー、電子証明書、その他専用のソフトなどが必要になり、それらを個人でそろえると、4万円を超える場合があります。


この記事をシェアする