これで起業も安心!会社設立代行会社について費用からサービスの違いまですべて解説!

会社設立代行会社とはどのような事をするの?

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

起業の強い味方!会社設立代行会社の費用から種類まで徹底解説!

会社設立は、代行会社に依頼せず個人で行うこともできます。 ここではまず個人で会社設立の手続きを行う場合に必要となる費用と手数、そして注意しなければならないことについて解説します。 まずこれらの点を理解しておくことで、会社設立代行会社に依頼するメリットが明確になります。

個人で会社設立手続きを行う場合の手間と費用、注意点とは?

現在、自営業を営んでいる方や、新たに事業を立ち上げたい方の中には、新しく会社を設立することを考えている人もいるでしょう。
会社を設立することで、会計面では損金として計上できるものが増え、青色申告なら赤字を9年間繰越できるなど、さまざまな節税上のメリットが出ます。

また税制上は、設立時に資本金が1000万円以下であれば、課税売上高が1000万円を超えても消費税が二年間免除になる。
出資金が1億円以下であれば法人税率の軽減などのメリットがあります。
そして会社を設立することで社会的な信用が増し、銀行や取引先との関係が有利になるという経営上のメリットと、会社設立にはさまざまな利点があります。
しかしはじめて会社を設立するという人には、具体的にどのように手続きを行えばいいかわからないという人も多いと思います。

そんなときに頼りになるのが、会社設立の手続きの多くを代行してくれる、会社設立代行会社です。
ただ、代行会社にも手数料0円のところから、10万円近いところまであり、価格によってサービス内容も大きく変わってきます。
はじめての人にはどういう会社を選べばいいかも迷うところでしょう。

ここでは、会社設立代行会社について、自分で設立の手続きを行う場合に比べてのメリットや、会社や費用によるサービスの違いから、手数料0円で引き受けてくれる会社の仕組みまで、詳しく解説します。
会社設立代行会社を探している人にとっては、参考になる情報が満載です。

会社設立代行会社に依頼した場合、代行してくれる範疇は?

会社設立代行会社にも、書類作成の代行のみから、役所への手続きなど全般の代行してくれるところまで各種あります。 主に担当する人間が、税理士か司法書士か、行政書士かといった違いになります。 ここでは代行会社別に行ってくれるサービスの違いについて解説します。

会社設立代行会社別の手数料とサービスの違いとは?

会社設立代行会社には、役所に支払う各種費用が必要なだけで、会社が受け取る代行手数料は0円の会社から、10万円近い代行手数料が必要になる会社まであります。 ここでは手数料0円の会社が利益を得る仕組みから、手数料ごとの代行サービス内容の違いまでを解説します。